余暇村なごみの森

シュンラン

平成20年から始まった、川崎重工株式会社の企業の森づくり活動。

当初の5年間は、多可町八千代区にある「西谷なごみの森」で、かなり本格的な環境での間伐作業が行われていました。

平成26年からは、多可町北播磨余暇村公園に活動場所を移し、「余暇村なごみの森」として新たな取り組みをスタート。

午前中はひょうご森の倶楽部のメンバーの案内で、園内の遊歩道を利用した自然観察会が行われ、丁度見ごろになったコバノミツバツツジを初め、シュンランやショウジョウバカマなど、普段目にすることがない珍しい植物やキノコの観察など、ファミリーで参加しても楽しめる内容になっています。

「西谷なごみの森」は自然に恵まれた大好きな環境でしたが、参加者が無理のないスタンスで自然とふれあえる「余暇村なごみの森」の取り組みも好感が持て、改めて楽しみな活動になりました。

余暇村なごみの森

ひょうご森の倶楽部