淀川散歩

淀川で見かけたコサギです。大阪は山が少なく、どちらかというと河川敷に自然環境が残っているため、最近は淀川を中心に野鳥の観察や撮影をしています。

河川敷の広場で餌を探しているツグミです。比較的人なれしているようで、カメラをセットしてくつろいでいると、近くまで寄ってきました。

木の枝から獲物を物色しているのは、大阪府の鳥にも指定されているモズの雌です。この日はこの他にもたくさんのモズを見ることができました。

土手沿いのブッシュに集まってきたスズメです。夕方になるとあちこちからスズメが集まってきて、群れをなしてガヤガヤと鳴いています。

こちらはカモの群れです。日が沈みかけた川面を、編隊を組みながらどこかに向かって飛んでいきました。

外来種

変わった鳥がいたので帰ってから調べてみると、外来生物のハッカチョウでした。原産地は、中国大陸南部、および、インドシナ半島。

国立環境研究所の侵入生物データベースに登録されています。

淀川散歩

淀川河川敷で見かけたウグイスです。この時期は巣作りの季節なのか、あちこちからウグイスの鳴き声が聞こえてきます。そのほとんどが藪の中から聞こえるのですが、珍しく木の枝にとまっている個体を見かけたので写真を撮らせてもらいました。

少し日が傾きはじめた頃、開けた草むらの近くを歩いていると、広場の真ん中にある木の枝にモズの雄がとまっていました。

同じく造成工事で積み上げられた枯草の上から、獲物を求めて草むらを見つめているノスリです。

このノスリは、カメラのレンズを向けても嫌がるそぶりがなかったので、しばらく撮影させてもらいました。

ノスリに気を取られていると、突然目の前をアオサギが通り過ぎました。

この日の最後に撮影したのはホオジロです。スズメぐらいの大きさの地味な鳥ですが、淀川河川敷には、いつもたくさんのホオジロが集まっています。